FC2ブログ
ミッドガルド眼鏡団
姉御と愉快な遊撃団
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LV173&3/3YEGV
■LV173

YEの毎月開催が決まったので、172でストップしてたLVを173に上げました。
たぶん1年以上振りくらいのLVアップじゃないかな。

screenRadgrid014.jpg

といっても仕事でがっつり上げる暇はなし。コツコツと毎日イリュDのデイリーを
こなして週末はロックリッジのウィークリーを回す感じです。
維持できれば5か月後位には174なのかな?
175は1年半後?レベルキャップ開放くれば175への敷居も下がるんでしょうけど、、
改めてテーブルの意味を問いたくなるところですね。

■3/3YeGV

前回のYeはSSS単独で出ましたが、今回はマッチングが40↑なので、
JRと組んで出ました。戦闘の所感の前に言いたいこととして、参加方法の
明確化(誰でもわかる日本語で説明を)がありますね。

正直鯖がオープンした当日に今回の参加方法が完全に理解できた人いな
かったんじゃないかと。まぁ今後簡略化されると公式で回答出てるので、
4月以降に期待していきましょう。

対戦相手は前回と同様にB鯖でした。個人的にはO鯖orI鯖と戦ってみたかった。
砦外にいた人数は変わらないと思いますが、砦内の2PC率で差が出てました。
うちは最終的に砦内2PC1でしたが、相手は少なくとも5・6キャラくらいはいたと
思います。

■開始⇒エンペ割りまで。

城門前を確保しつつ、守護へ。うちは入口で妨害へ。エンペ割るまでは
MMRよりリーチの方が良かったかもと少し後悔。

バリ1を先手でとれたので、各バリケ破壊へ。微力ながらSAで補助。
ER到達時点で敵が誰も来てなかったので、ブラッディロストしても
良かったんですが、念のため警戒でLOV撃ってました。

※上位Gと対戦した際は最後の最後にブラッディがあるかどうかで
  結果が変わるかもなので、ブラッディを削る考えは今のところありません。

■防衛

3バリスタート。2バリで少し膠着するかと思いましたが、平地で押せてたので
1期に1バリまで押し上げ。1バリはがけ下ステ1発で抜かれるので、階段下を
抑えつつ左右の攻めを抑える。そのまま守護へ移行。

守護に移ってからはL字から階段入口への押し引きへ。金猫2が頻繁に
抜けてました。残り14分の時点でニュマが切れたタイミングでマタタビと
雷光が重なって割られる。

1バリEmc時点で足の速い修羅と猫に先行されてましたが、ゴラと
マスカレで割られず。落ち着いて階段下を再度抑え、反撃を抑え。

相手Emcのタイミングで再度城門完成⇒守護を守り切って終了と
なりました。

前回と今回で大きく変わった点として、装備持ち込みとEmcがあります。

■装備持ち込みについて

予想では大幅に緩和されて焦点は金ゴキをOKとするかどうかだけだと
思ってたんですが、一気に全解除となりましたね。

妨害葱視点で見ると、ホラーセットが解禁されたので、対策してないところ
にはがっつり刺さってるなという感じです。B1とか。後は単純にYEの補正
が大きいです。現状のGvだとP耐性と属性耐性を上げても極まった
マタタビだと2確で死ぬ。サベは遠距離に寄せるorAGでそこそこ耐える
ですけどね。YEではそれがないので、葱に限らず耐久修羅も本来の働き
が出来ているのでは無いかと思います。YE最高。欲を言えば消耗品に
トロピカル・ソグラトを追加して欲しい。これがないと妨害葱的には
完全に解禁されたとは言えないので。

■Emcについて

重くならなかったので、ここは大成功じゃないでしょうか。
準備などいろいろ不備はありましたが、今回はEmcが成功した1点で
評価できます。

■マッチングについて

個人的にはレートは急がなくても良いと思いますが、マッチング戦は
すべてSEで行ってほしい。アルカナで古龍討伐できるPTが増えて
アセイミーが普及しつつある状況で、基本的には50VS50をFEで
やる意味が分からない。余程の差がない限り、逆転の芽が見られ
ないのはプレイヤーの翻意ではないと思います。

■個人面

今回毒瓶の準備を忘れて、魂が切れた際に自殺出来ませんでした。
仕方なくわざと死にに行くという行為を2回位やりました。1回目の自殺で
気づくべきだった。VS修羅1のみの時に1stチョイスがボムorウィードだった
のは頂けないので、改善点。現時点での装備は完成形から考えると
30%程度なのでなるべき早く更新したいところなんですが、軽く試算しても
3G位かかるので、困ったところ、、

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。